シーズヒーターの暖かさは?電気代は?実際の使用感について

冬場欠かせない暖房器具の重要点はやはりその暖房器具だけでどこまで暖かくなるかという点です。エアコンと一緒に作動させてしまうと電気代がかさむもの、身体の芯から温まるシーズヒーターの効果とコストを紹介します。

身体の芯から温まるシーズヒーターの効果とコスト

シーズヒーター,電気,工業用,産業用

シーズヒーターとは遠赤外線で体の芯から温めてくれる、遠赤外線ストーブとなっています。 ガスファンヒーターや石油ファンヒーターなどとは異なり電気だけで作動しますので簡単に設置しコンセントがあれば場所も選ばず、また石油がなくなったら寒い中汲みにいかなければならないという手間もありません。
そんなシーズヒーター、類似品にカーボンヒーターやハロゲンヒーターなどもあり様々な製品と混同しがちですが実際は発熱体が全く異なるものとなっており、また前述の製品と比べても壊れにくいというメリットがあります。
やはりシーズヒーターのほうが少々値段は高く設定されていますが、通常数年で壊れてしまう製品とは違い、シーズヒーターは丈夫な発熱体を使用しており壊れにくいので10年以上使い続けていられるというメリットもあります。
万が一水をこぼしてしまった場合などカーボンヒーターならば急な温度差に耐えられず発熱部分が破損してしまいがちですが、シーズヒーターならそのような心配もなく使い続けられるので、冬場の寒い時期に壊れてしまうなどの心配もあまりありません。
長持ちし、非常に経済的なものといえます。
ではこのシーズヒーター、電気代などの面ではどうなっているかが気になります。
たとえばエアコンならば機種や動作環境によっても異なりますが一日当たりの電気代は約150円程度といわれています。
そしてシーズヒーターは約1時間あたり10円から30円で少々高く感じるかもしれませんが、エアコンとはまた違う暖かさに着目すると如何に便利かがわかります。
シーズヒーターは遠赤外線の放出量が高く、空気を万遍無く暖めるエアコンと異なり人の身体を芯から心地よく温めてくれる、そんな仕様となっています。
同じ暖房器具に見えてもどう暖めるかは全く異なっており、どちらがいいかは使用する環境にもよるかもしれませんが、シーズヒーターなら大掛かりな工事が不要でコンセント一つで作動可能、また機種によっては片手で持ち運べて使用する部屋を自由に持ち運び可能です。
このあたりのメリットは勿論、大きなシーズヒーターならより遠赤外線放出量が異なりますので身体をしっかり温めてくれる効果は勿論リビングのような広い部屋でも心地よく暖めてくれます。
またエネルギー効率もよく、ほかの暖房器具で温めるよりも部屋を暖める効果は抜群となっています。
エアコンに比べれば電気代が高い、という指摘もありますが、全体を見てみると壊れにくいという点で買い替えのコストもぐっと抑えられるのがシーズヒーターです。
他の暖房器具だとどうしても買い替えのコストが数年おきにかかってしまいますが、シーズヒーターはこのコストが抑えられますので、1時間当たり10円から30円の電気代も全体を見れば些細なものとなり、コストパフォーマンスも優れているのがおわかりいただけます。
エアコンなどが万が一壊れた時でもその分を補えるほどに部屋を暖めてくれて、尚且つコストパフォーマンスもいいシーズヒーター。
いままでカーボンヒーターやハロゲンヒーターを使用していた方も壊れたのをきっかけにより物持ちのいいシーズヒーターに買い替えをしているところも多いです。
冬の厳しい環境を快適に過ごしていただくためにもこれら暖房器具選びは大切です。
部屋全体を暖めたい場合でもスポット暖房として使用したい場合でも、大きさによって調整できますので使用したい環境と照らし合わせてシーズヒーター選びをするのをおすすめいたします。

暖房器具は寒い時期、できるだけすぐに暖めてほしいものです。しかしエアコンは部屋全体を満遍なく暖めるという目的で作られているものも多く、高機能のものなら人を感知してスポット暖房のように的確に暖めてくれるものもありますが、そうではないエアコンを使用している家庭も勿論多いです。
シーズヒーターは比較的すぐに暖まるという利点があり、またエアコンなどと異なり設置工事が必要なく、コンセントがあればどこにでも設置できるものとなっています。
別途燃料も必要なく、手軽に設置して使用出来る上にすぐに暖めてくれるので便利なものとなっています。
不安な点が電気代ではありますが、1時間あたりにかかる電気代は10円から30円程度で、これを高いと感じるか安いと感じるかは1日の使用時間や使用する環境にもよるところはありますが、エコ機能もついているものならもっと電気代を抑えられるようになっています。
また何よりもシーズヒーターが低コストだとされているのは電気代の面ではなく、その本体の丈夫さとなっています。
シーズヒーターの頑丈さは電熱線がむき出しになっていないところにあり、発熱体であるニクロム線が絶縁体に守られ、更に特殊金属管で守られています。
これなら汚れにも強く水や衝撃にも強いので長持ちしやすいという特徴があり、寿命を迎えるのは10年以上先です。
他のハロゲンヒーターやカーボンヒーターでは敵わないこの丈夫さ、エアコンはまた別枠であっても他の電熱ヒーターを購入するならシーズヒーターを購入するのが一番お得であり、尚且つ安全です。 エアコンで部屋を暖めるまでの寒い時間を少しでも暖かく過ごしたい、そんな方は電熱ヒーターがおすすめで、その中でもシーズヒーターがコストなど暖房に於いて欲しい利点を考えてもおすすめの暖房器具です。

シーズヒーターと同時に今グラファイトヒーターも出ています。
グラファイトヒーターは立ち上がりがとても早く、部屋を早く暖めたいときに最適なものでまた遠くまで暖かさを届けるのにも向いています。
スイッチをいれてから1秒もかからず暖めてくれるのは冬の寒い朝などの利用にとても嬉しいメリットです。
この機能のいいグラファイトヒーターとシーズヒーターが電熱ヒーターの中でも人気が高い製品となっています。
グラファイトヒーターと並ぶほどに人気なシーズヒーターは、グラファイトヒーターよりも更に遠赤外線放出量に長けており、立ち上がりは劣るものの暖めるための機能は優れているものとなります。 また電気代も調整が利き、またグラファイトヒーターはそれ一つでは少々物足りない暖房機器ですがシーズヒーターは他の部屋と明らかに温度が違うと体感できるくらい効果が高いものといわれています。
スポット暖房となりやすい電熱ヒーターですが、シーズヒーターは遠赤外線放出量の多さで部屋全体も暖めることができるような製品となっています。
熱いと感じれば調整もきき、また形によっては持ち運びも簡単、設置も簡単、そして水がかかる可能性もある浴室付近の脱衣所などでも比較的安心して使っていただける、そんな製品となっています。
これらに丈夫さも兼ね備えていますので、電気代の面でも暖房機器としてもグラファイトヒーターより優れている点も多く見受けられるのがシーズヒーターです。
即暖性で多少劣っているという点も気になるほどではないように感じる声も多いようです。
近くにいれば熱いと感じる程の効果ですが、それも細かい調節をして心地よい温度にできます。 また安全装置がついている製品ならば転倒した場合すぐにオフになるので子供部屋に使用する暖房機器としても重宝されています。